カリフォルニア・レーズン協会

カリフォルニア・レーズンの種類と機能性

カリフォルニア・レーズンの種類 カリフォルニア・レーズンの優位性 カリフォルニア・レーズンの特性
カリフォルニア・レーズン カリフォルニア・レーズン ペースト カリフォルニア・レーズン 濃縮果汁

カリフォルニア・レーズンの特性

  • カリフォルニア・レーズンは、米国農務省基準に沿って栽培・加工されています。
  • 米国以外の国にて生産されたレーズンの中には、米国およびカリフォルニア州が定めるような高い品質基準がなく栽培されたレーズンもあります。
  • カリフォルニア・レーズンは、低コストで付加価値の高いドライフルーツです。十分な供給量を保持しています。
  • カリフォルニア・レーズンは、ユーザーの仕様に応じた製品製造が可能です。

「レーズンとカランツ」ではなく、「カリフォルニア産レーズンとカランツ」に
しなければならない理由が、ここにあります。

■ 自然な甘さ ■

ナチュラル・シードレスぶどうが最も熟し糖度20 ~ 23 ブリックスに達したときに、カリフォルニアレーズンの生産者はぶどうを収穫します。このぶどうを乾燥させると、天然の果糖を含んだ、ふっくらとしっかりとした食感のレーズンになります。果物によっては増量を目的に砂糖を注入することがありますが、カリフォルニア・レーズンには必要ありません。

 

■ 自然の色素 ■

カリフォルニア・レーズンは収穫後、天日乾燥時にメイラード反応を起こし天然の茶色になります。この魅力的な褐色は変わることがなく、しみ出たり、また食品の色を変えたりすることはありません。カリフォルニア・レーズンの生産には、人工着色料や添加物は使用されません。

カリフォルニア・レーズンの抗菌性は、賞味期限を延ばし、シンプルなラベル表示となります。

「食品組成におけるレーズンのフェノール類含有量、
抗酸化活性、および抗菌性」

テキサスA&M大学 園芸科学部 準教授 ルイス・シスネロス-セヴァジョス博士
(テキサス州カレッジ・ステーション市)
Luis Cisneros-Zevallos, Ph.D., Assistant Professor, Department of Horticultural Science,
Texas A&M University, College Station, Texas

これらの研究によると、レーズンの抽出物は、様々な食品組成において、リステリア菌や大腸菌O-157:H7などのよく知られた食物媒介病原体の成長を減少させることが解っています。食品添加物使用以外の解決方法として、レーズンは食品の賞味期限を延ばし、食物由来の疾病減少に役立ちます。

「調理した挽肉の脂質酸化をレーズン・ペーストにより抑制する」

ユタ州立大学 栄養・食品科学教授 ダレン・コーンフォース博士(ユタ州ローガン市)
Daren Cornforth, Ph.D., Professor, Nutrition & Food Sciences, Utah State University, Logan, Utah

レーズンは、食物抗酸化物質が豊富なことで知られています。レーズン・ペースト、またはレーズン抽出物を、調理した牛挽肉や豚挽肉に肉重量の1 ~ 2%を加えることで、保存時の風味を向上させ、酸敗臭を抑えることができます。鶏挽肉においても同じ割合で効果はありますが、色が少しつきます。

「レーズンの潜在的な抗菌性の評価と食品安全、および食品保存への応用」

オレゴン州立大学 食品微生物学・食品安全学教授 マーク A ダッシェル博士(オレゴン州コーヴァリス市)
Mark A. Daeschel, Ph.D., Professor, Food Microbiology and Safety, Oregon State University, Corvallis, Oregon

25 ~ 50%のレーズンを含むジャーキー状の食品組成において、大腸菌O-157:H7、黄色ブドウ球菌、リステリア菌などの病原性細菌を抑制することができました。レーズンには、肉組成において亜硝酸ナトリウムと同様の防腐効果があることが解りました。

レポートの全文はLoveYourRaisins.comに掲載されています。

新発売情報

新発売情報

カリフォルニア・レーズンファンクラブ

カリフォルニア・レーズンface book

ラジオコマーシャル

5月1日はカリフォルニア・レーズン デー!

消費者キャンペーン

ページトップへ戻る