カリフォルニア・レーズン協会

カリフォルニア・レーズンの栄養成分と健康効果

カリフォルニア・レーズンの栄養成分と健康効果

レーズンは、古来から有益な栄養源として人々に愛され続けています。
近年の調査・研究では、がんや心臓疾患など生活習慣病のリスクを低減する成分を含むことがわかってきました。

レーズンは健康に役立つ栄養成分がバランスよく含まれ、年齢を問わず、朝夕いつでも手軽に摂取できます。

■ 抗酸化能 ■

がんや心臓疾患、糖尿病、アルツハイマーやパーキンソン病などの要因の一つに、酸化ストレスが挙げられます。

取り込まれた酸素の一部は代謝の過程において活性酸素となり、鉄がさびつくのと同様に体内の細胞膜やたんぱく質、血管などを攻撃し、機能障害を引き起こすことが知られています。

活性酸素の過剰産生を抑制する抗酸化物質は、酸化ストレスによるDNA損傷を防ぐ働きがあります。

■ 食物繊維 ■

食物繊維とは、消化吸収されない食品成分の総称です。近年ではその効果・効用が広く認知され、摂取が重視されています。特長としては、水分によって膨らむ保水性と膨張性から、腸の働きや腸内環境を整えて、便秘の解消などを促します。また、水溶性と不溶性に分類され、水溶性は過剰なコレステロール・胆汁酸などの排泄促進や血糖値上昇の抑制などに効果があります。不溶性は腸内の有害物質の排泄を促進します。

いずれも、健康維持や生活習慣病の予防などに関与していますが、近年は食生活の変化もあり、日本人の食物繊維の摂取量が不足しているといわれています。

■ ビタミン&ミネラル ■

太陽のもとで「天日干し」されたカリフォルニア・レーズンには、体のさまざまな機能を調節するビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。健康的な食生活に欠かせない微量栄養素が効率よく摂れます。

■ 糖質・脂質・コレステロール ■

低脂肪でコレステロールゼロのカリフォルニア・レーズンには、脳や神経組織のエネルギー源となるぶどう糖と果糖が多く含まれています。

新発売情報

新発売情報

カリフォルニア・レーズンファンクラブ

カリフォルニア・レーズンface book

ラジオコマーシャル

5月1日はカリフォルニア・レーズン デー!

消費者キャンペーン

ページトップへ戻る